お転婆っぷりにハラハラな日々

12月3日に保護したうみちゃん、保護からそろそろ3週間ですが・・
野生時代が長かったせいか(ソラよりも)、保護から2週間くらいまでかなり大変でした。
なので一時は、里親さんを捜した方がいいかもしれない、とまで思い、
猫が好きな友人知人数名に声を掛けていました。
なぜなら、
うみちゃんはうみちゃんだけに愛情を注いでくれる里親さんの方が良いかもしれない、
と思ったからです。
うちには先住猫のソラがいるし、ソラも一人っ子気質なので、愛情を独り占めしたいはずで・・
何よりうみちゃんが来てからというもの、ソラが変わりました。それも気になったし。

そしてそんな折、私がうみに噛まれました。左手の甲を思いっきり。
左だったのがせめてもの幸いです。
鋭い牙で、手の甲の真ん中あたりをギリギリギリと噛み砕かれるんじゃないかと思うほどに強く、
場所は人差し指と中指の間あたりと、小指のあたりの2カ所。
血がドバドバと吹き出ました。


*この先は長くなりますので畳みます。Moreからどうぞ*








<More>

うみは気に入らないことがあると、
尻尾をバンバンと強くたたきながらウ〜ウ〜と低く唸り、同時に噛むクセがあります。
そして背中とお腹を撫でられるのが嫌い。抱っこも嫌い。
猫は野生期間が長いとそうなるようです。

でもこの先、里親さんが見つかったとしても、見つからなかったとしても、
せめて抱っこを嫌がらず、噛みつくクセも軽減させておかなくちゃ、と思ったんです。
だからそれらを治す方法などを調べて実行したんですが、
余計にヒートアップさせてしまって、
結果、甘噛みではなく本気で噛まれてしまいました。

血がドバドバと出たので気が動転しましたが、
それでもすぐに流水でしっかり洗って絆創膏を貼るなどの処置をして、
近隣の外科を探して駆け込みました。
先生が言うには何よりも破傷風が怖いということでした。
なのでまず破傷風のワクチンを打ち、
それから傷口を消毒して抗生剤を塗ってもらいました。
しかしそれでも細菌が入り込んでしまったようで当日の夜あたりから感染症を発症しまして、
手の甲がパンパンに、まるでグローブのように腫れ上がりました。
かろうじて親指と人差し指は動かせましたが、残りの3本は動かすだけで痛く、
また手を心臓より下にするとズキズキが増して痛いので参りました。

噛まれたのは18日の朝8時頃で、一番ひどかったのは19日・20日でした。
昨日から少しずつ治まり始めましたが、
22日の今日はそれでもまだ、ぱっと見ただけでも腫れてるとわかるし、
処方された朝晩の飲み薬(抗生物質)をうっかり飲み忘れると、ずきずきと痛いです。

でもね、そのことがあってからうみが変わりました。
病院から帰宅した時から、それはもう、明らかに違っていました。

あれだけ嫌がっていた抱っこも、抱っこさせてくれるようになったんです。
(しつこくするとまだ時々は噛もうとしますけど・笑)
気に入らないことがあるとすぐに癇癪を起こして牙をむくことも、少なくなりました。
背中とお腹のナデナデも、かなりいい感じに撫でさせてくれるようになりました。


ソラもね、かなり変わりました。
最初は自分のテリトリーをこれでもかと主張していましたが、
最近ではうみちゃんの存在を認めはじめたようで、何よりうみちゃんと遊びたいみたい。
今までは私が遊び相手で、じゃらしや紐で遊ぶのが大好きだったのに、
ここ数日は私がじゃらしで遊ぼうと誘っても乗ってくれないんですよ。
やっぱり猫同士が楽しいようです。
(でも予想以上に早く親離れされてしまったので、私がさみしい・・涙)
ところがソラは猫付き合いをしたことがない猫なので、誘い方がわからないみたいです。
うみちゃんと遊びたくてちょいちょい手を出すんですが、
うみちゃんからはしつこい〜!っていう感じで、たびたび威嚇されてます(笑)。

そんなわけで、うみの里親さん探しはやめようと思います。
里親さんが見つかる頃には、ソラも私たち夫婦も、うみと離れるのが辛くなりそうだから。


そのうみですが・・・
さすが、野生期間が長かっただけあって、身軽です。
先日の記事でも飾り梁に逃げ込むと書きましたが・・・
ついに、やってくれちゃいました。。
その先にある窓枠に飛び乗ってしまいました(汗)。
e0204334_1914381.jpg
飾り梁からジャンプして飛び乗ったようです。
e0204334_1914532.jpg
でも、ご覧の通り、窓枠から降りるにはジャンプした飾り梁(幅約10cm)に降りるか、
もしくは、それより下の玄関の三和土(6〜7m下)まで飛び降りるしか方法はありません。

で、どうしたと思います?

30分くらい、窓からの景色を眺めてましたが、さて戻ろうと思ったら・・
降りられない〜〜!アウ〜ンアウ〜ンアウ〜ンと大騒ぎでした(笑)。

結局、棚板に使っている板を外してきて窓枠と手摺に渡し、救助しましたとさ。
(板の上には点々とキャットフードを置いて誘導)


もちろん、うみちゃんは2階の梁も攻略しつつあります。
ソラはそういうことをしない子なので、ポカ〜ンと眺めていますが、
そのうちうみにつられて上っちゃったりするのかなぁ(笑)。
by foyu38 | 2013-12-22 20:22 | 琥珀と真珠とソラ(猫) | Comments(0)

ナカダミエコの刺繍教室l'Atelier de foyuのブログ。日本手芸普及協会認定刺しゅう講師。時々琥珀と真珠、そしてソラ。


by nakada mieco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31